にほんしゅのせかい 言いたい放題


by sasatatsu

阿桜 純米大吟醸原酒 隠し酒20BY

隠し酒と表示して「阿桜」の字が反転されて写っている。その意は『通常商品では無い』と、読めばいいのだろう。美郷錦43%の純米原酒で20BYだ。ここのVINTAGEシリーズと案内に書いてあった。
立ち香は低く落ち着いている。含むと中程度の吟醸香と低いが熟成香もある。思うに貯蔵に低温環境を使っていないだろう。飲んでみると結構辛く利ける。酵母は「純米酵母」と言う例の試験場御自慢のやつだ。
個人的な感想で独断と偏見でイパイだと思うがこの酵母を使った酒は「切れが悪い」と言う気がする。香りもさして特徴を指摘できない。では具体的にこの酒はである。
名人照井杜氏の仕事である。しっかり吟醸造りをしてある。酵母の特性と言うより造りから来る吟香である。そのため2年半の常温(だと思う)貯蔵でも、さらに今年の異常な高温下でもへたる事無くしっかりと含み香として残されている。メーターはプラマイゼロだから純米としてはきれた方か。一方、酸が1.5あるので感応的には辛く利ける。高精白な為、味の幅、膨らみを心配したが常温貯蔵がかえって奏功したのか純米らしくふくよかだ。人によってはヒネ香と感じる向きもある熟成香だが、本品もその点に関して議論が分かれる処であろう。おいら的にはこれは熟成香と感じるが。まあ、仮にこの香りが気になる向きはこの原酒に少し加水し軽く湯煎(あえて燗付けと言わない)して見ると良い。気になる香りは抜けて純米らしいコクが迫って来る。
気になる価格だが一升で3150円(込)、720mlで1575円(込)である。品揃えや酒質の設計につき過渡期であった20BYであるからこそこの価格で出すのであろう。21BY以降は多分この様なセールス価格はめったに出て来ないであろう。蔵には申し訳ないが消費者にすれば御買い得である。
c0155956_14334259.jpgc0155956_14331470.jpgただし、巷に出回っている「ブリブリの吟醸」では無い。
[PR]
by sasatatsu | 2010-11-28 14:34 | お勧め | Comments(0)